データベース

「SQL」再入門(1)--複数のテーブルからデータを収集

データ収集に利用できるツールのほとんどは、派手なユーザーインターフェイスとボタンを備えているが、ときには、「SQL」の昔ながらのスキルを使うのもいいものだ。「SQL」のテクニックをおさらいしてみよう。

 少しさび付いたスキルにちょっと磨きをかけるのは、悪い考えではない。毎日使うスキルではないにせよ、ピンチに陥ったときに役立つかもしれない。データ収集に利用できるツールはたくさんある。そのほとんどは、派手なユーザーインターフェイスとボタンを備えている。だが、ときには、SQLの昔ながらのスキルを使うのもいいものだ。SQLを使って、データベース内の複数のテーブルからデータを抽出するテクニックをざっとおさらいしてみよう。

データのリクエスト

 単純なデータのリクエストから始めよう。皆さんは靴メーカーに勤務しており、そこの幹部が、2016年第4四半期にオレゴン州でどんな靴が売れたか知りたがっているとする。寒くて雨が多い時期なので、オレゴン州の顧客が購入している靴についてどんな想定を立てられるか、経営陣は知りたがっているのだ。SQLスクリプトを使用すれば、こうしたデータはすぐに得られる。データベースを把握しておきさえすればいい。

 まずは、在庫表の「inv_shoes」だ。「inv_shoes」テーブル(表A)には、「shoe_type」「shoe_color」「shoe_name」というフィールド(欄)がある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1662文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. モバイルワークの生産性をグンと上げる!ワークスペース構築の5つのポイント
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan