PBX ヤマハ

YSL-V810:内線VoIPの電話番号を集中管理する電話帳サーバ

電話帳サーバの「YSL-V810」は、VPN用ルータ「RTX810」に電話帳サーバ「RTV01」を搭載し、内線VoIPネットワークの電話番号を集中管理する。最大5台連携して最大登録数5000件、最大同時通話数1000件まで対応する。

YSL-V810のポイント

  • 内線VoIPの電話番号を集中管理し、運用管理の負担を軽減
  • 最大5台連携して最大登録数5000件、最大同時通話数1000件まで対応
  • 通話履歴、障害履歴、統計情報をCSV出力し、グラフ化できる

YSL-V810の製品解説

 ヤマハの「YSL-V810」は、VoIPゲートウェイ「NVR500/NVR510/NVR700W」専用の電話帳サーバだ。仮想私設網(VPN)用ルータ「RTX810」に電話帳サーバ「RTV01」を搭載しており、設定もそのまま引き継げる。

編集部おすすめの関連記事

 同社のVoIPゲートウェイ(NVR500/NVR510/NVR700W)で構築した内線VoIP網の電話番号を一括管理でき、運用管理の負担を軽減する。新たにブラウザベースの管理ページを用意し、電話帳の設定やCSVファイルによる入出力にも対応する。通話履歴、障害履歴、統計情報をCSVファイルに出力して、表計算ソフトでグラフ化することが可能だ。

 さらに、システムダウン対策として冗長構成が可能で、トラブルでの機能停止リスクを低減できる。最大で5台まで連携させられるため、最大登録数が5000件、最大同時通話数が1000件まで対応可能だ。

 USBメモリ、microSDカードなどの外部記憶装置を使用して更新や起動、ログの出力ができる。1日分の通話履歴や障害履歴、統計情報をCSV形式で出力することも可能となっている。

< newselement>
YSL-V810のまとめ
用途と機能VoIPゲートウェイ専用の電話帳サーバ
特徴VoIPゲートウェイ(NVR500/NVR510/NVR700W)で構築した内線VoIPネットワークの電話番号を一括管理でき、運用管理の負担を軽減する。RTX810にRTV01を搭載しており、設定もそのまま引き継げる
税別価格13万8000円(希望小売価格)

「PBX」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]