その他セキュリティ トレンドマイクロ

Trend Micro Policy Manager:脅威を検知してネットワークを動的に制御--SDNと連携

「Trend Micro Policy Manager」は、SDNと連携して、脅威を検知すると運用ポリシーに紐付いてネットワークを動的に制御する。標的型攻撃への初動対応を自動化し、被害拡大を防止する。

Trend Micro Policy Managerのポイント

  • SDNと連携して、脅威を検知するとネットワークを動的に制御
  • エンドポイント隔離、外部への不正な通信を遮断などの対応を自動化
  • 初動対応を迅速化、管理者のスキルに依存せずに運用

Trend Micro Policy Managerの製品解説

 トレンドマイクロの「Trend Micro Policy Manager」は、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)との連携により、標的型攻撃への初動対応を自動化し、被害拡大を防止するセキュリティ製品だ。ITインフラ上の監視ポイントに配した同社セキュリティ製品が検知したイベントをトリガーとし、SDN製品との連携で企業の運用ポリシーにひも付いた動的なネットワーク制御を速やかに実行する。

編集部おすすめの関連記事

 具体的にはネットワーク脅威検出システム「Deep Discovery Inspector」、セキュリティ対策ソフト「Trend Micro Deep Security」「ウイルスバスター コーポレートエディション」をセンサとして使用。検知したネットワーク上の振る舞い、マルウェアや不正プログラム感染などのインシデント情報に基づき、SDNコントローラやスイッチを介してネットワークを動的に制御する。

 これによりPCやサーバなどの監視や隔離、コマンド&コントロール(C&C)サーバへのコールバック通信の遮断、管理者へのメール通知などを自動化。標的型攻撃などの高リスクなセキュリティインシデントに対する迅速な初動対応に加え、管理者のスキルに依存しないため人的ミスにも左右されない安定した運用が可能となる。

Trend Micro Policy Managerのまとめ
用途と機能標的型攻撃への初動対応を自動化し、被害拡大を防止
特徴SDN製品との連携により、企業の運用ポリシーに紐づいた動的なネットワーク制御を速やかに実行。高リスクなセキュリティインシデントに対する迅速な初動対応だけでなく、管理者のスキルに依存せず人的ミスにも左右されない安定した運用を可能とする

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan