開発 開発ツール OS・ミドルウェア

「Windows Subsystem for Linux」--「Windows 10」次期大型アップデートで正式サポートに

マイクロソフトは、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)がベータ機能としての段階が終了し、正式なWindows機能としてサポートされる予定であることを明らかにした。

 Microsoftは、さまざまな「Linux」ソフトウェアを「Windows 10」内部で実行できるようにする機能を2017年秋にリリースする予定だ。

 「Windows Subsystem for Linux」(WSL)は、LinuxベースのさまざまなOS上で「Bash」コマンドラインを実行できるようにするもので、「Windows Insider Program」に登録し、同OSの初期ビルドをテストしているユーザーは既に使用可能になっている。

 これらのLinuxベースOSには「Ubuntu」「openSUSE」のほか、間もなくサポートされる「Fedora」が含まれており、その他のディストリビューションにも順次対応する予定になっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1842文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan