開発 開発ツール OS・ミドルウェア

「Windows Subsystem for Linux」--「Windows 10」次期大型アップデートで正式サポートに

マイクロソフトは、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)がベータ機能としての段階が終了し、正式なWindows機能としてサポートされる予定であることを明らかにした。

 Microsoftは、さまざまな「Linux」ソフトウェアを「Windows 10」内部で実行できるようにする機能を2017年秋にリリースする予定だ。

 「Windows Subsystem for Linux」(WSL)は、LinuxベースのさまざまなOS上で「Bash」コマンドラインを実行できるようにするもので、「Windows Insider Program」に登録し、同OSの初期ビルドをテストしているユーザーは既に使用可能になっている。

 これらのLinuxベースOSには「Ubuntu」「openSUSE」のほか、間もなくサポートされる「Fedora」が含まれており、その他のディストリビューションにも順次対応する予定になっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1842文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  3. 調査結果--働き方改革:「お隣の企業」はどこまで進めている?着手の度合い、課題をレポート
  4. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  5. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan