アクセス管理 センチュリー・システムズ

FutureNet RA-830:プライベートCA機能搭載の中小規模向け認証サーバ

中小規模ネットワーク向け認証サーバの「FutureNet RA-830」は、RADIUSサーバとして任意のポートも設定できる。SSL-VPNなどと連携可能。プライベートCA機能でデジタル証明書の発行や認証機能を提供する。

FutureNet RA-830のポイント

  • RADIUSの標準ポートのほか、任意のポートを設定可能
  • PAPやCHAPのほかにEAP-TLS、EAP-PEAP、EAP-TTLSにも対応
  • プライベートCA機能を備え、デジタル証明書の発行や認証機能を提供

FutureNet RA-830の製品解説

 センチュリー・システムズの「FutureNet RA-830」は、中小規模ネットワーク向け認証サーバだ。プライベート認証局(Certification Authority:CA)機能を備え、ネットワーク接続で利用する「IEEE 802.1X認証」に必要なデジタル証明書の発行や認証といった機能を提供する。

編集部おすすめの関連記事

 RADIUSの標準ポートのほか、任意のポートを設定することもできる。標準属性に加えてベンダー独自の属性も追加可能。このため、NASやRAS、認証VLAN、SSL-VPNなどの製品との連携も可能となっている。

 RADIUSで標準的なPAP、CHAPに加え、認証スイッチのポートアクセス制御や無線LANのアクセスポイントで利用されているEAP-TLS、EAP-PEAP、EAP-TTLSといったプロトコルに対応するため、さまざまな経路要求される大量のユーザー認証を集中処理し、一括管理ができる。

 また、CAとしてサーバ証明書やクライアント証明書を発行でき、不要になれば失効させることもできる。これらの機能を活用することで、運用条件に合わせた管理や対応が可能だ。

FutureNet RA-830のまとめ
用途と機能中小規模ネットワーク向け認証サーバ
特徴プライベートCA機能を備え、IEEE 802.1X認証に必要なデジタル証明書の発行や認証といった機能を提供。PAP、CHAP、EAP-TLS、EAP-PEAP、EAP-TTLSといったプロトコルに対応

「アクセス管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]