アクセス管理 インターナショナルシステムリサーチ

CloudGate Key Manager:クラウドインスタンスへの接続に必要なSSH鍵を管理

「CloudGate Key Manager」は、クラウド上のインスタンスへの接続に必要なSSH鍵を管理する。有効期間を設定して、任意のタイミングでSSH鍵を生成する。アカウントが削除されると、SSH鍵も自動で削除される。

CloudGate Key Managerのポイント

  • クラウド上のインスタンスへの接続に必要なSSH鍵に有効期間を設定
  • アカウントを削除あるいはロックするとSSH鍵も自動で削除
  • 利用者やグループごとにアクセス制御ポリシーを定義

CloudGate Key Managerの製品解説

 インターナショナルシステムリサーチの「CloudGate Key Manager」は、クラウド上のインスタンスにリモートアクセスするために必要なSSH鍵を管理することができる。

編集部おすすめの関連記事

 SSH鍵に有効期限を設定し、毎週、毎日、時間といったタイミングで生成される。有効期限のないSSH鍵が第三者に利用されるリスクを軽減する。アカウントを削除あるいはロックすると、それにひも付けられたSSH鍵も自動で削除される。SSH鍵の秘密鍵が盗難、紛失した際には、手動で公開鍵を削除して不正アクセスなどを防げる。

 利用者やグループ、組織の単位、任意の組み合わせで属性を区切ってアクセス制御ポリシーを定義できる。アクセス可能なインスタンスの範囲を特定のクラウド環境、リージョン、インスタンスタイプ、特定のインスタンス名、ホスト名、アカウント、タグなどの組み合わせで制限できる。

 認証基盤「CloudGate UNO」を利用して、シングルサインオン(SSO)連携が可能。権限のない第三者によるアクセスを防ぐほか、指紋認証やアクセス履歴、パスワードポリシー設定、クライアント証明書(PKI)連携といったオプションも用意している。

CloudGate Key Managerのまとめ
用途と機能インスタンスへの接続に必要なSSH鍵を管理
特徴SSH鍵の有効期限やアクセス制御ポリシーの設定、CloudGate UNOとのSSO連携などでSSH鍵の不正利用を防ぐ

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan