セキュリティ

習慣4:知らない人からのメール、LINE、チャットに注意しましょう

信用ある企業やブランドをかたってIDやパスワードなどの個人情報を盗み出す詐欺行為がまん延しています。メール、LINE、チャットなどを用いた詐欺行為への心構えと具体策を紹介します。

「利用者自身の脆弱性」を悪用した詐欺行為

 メールなどを用い、信用ある企業やブランドをかたってIDやパスワードなどの個人情報を盗み出す詐欺行為がまん延しています。

 不特定多数を狙う「フィッシング」では、本物そっくりに作られた偽サイトに利用者を誘導し、IDやパスワードなどの認証情報のほか、銀行口座番号やクレジットカード番号などを盗み出そうとします。

 また、最近では、オンラインバンキングの認証情報が盗まれ、第三者(犯罪者)の口座に不正に送金される被害が多発しています。

●登場人物紹介

茂礼手課長と布施木君

茂礼手 太郎(もれて たろう)
茂礼手課長と呼ばれている。何かとやらかしては、布施木君に注意される。

布施木 ます子(ふせぎ ますこ)
布施木君と呼ばれている。なんだかんだと茂礼手課長をサポート。

●メモ:代表的なフィッシングの手口の例

典型的なフィッシングの手口としては、金融機関などの信用ある企業を名乗る偽装メール(フィッシングメール)が送られてきます。

ポイント1:偽サイト、なりすましサイトへ誘導される

 メール本文には、「ユーザーアカウントの有効期限が近づいています」など、もっともらしい理由が書かれており、本文に記載されたURLなどをクリックするように仕向け、フィッシングサイト(なりすましサイト)に誘導します。

ポイント1

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2828文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. 進まない多要素認証の普及--技術的課題を解決する方法とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan