勤怠管理・労務管理 クロスキャット

CC-BizMate:過重労働や残業などの問題点を明確にするクラウド型勤怠管理システム

クラウド型勤怠管理システムの「CC-BizMate」は、勤怠の予定と実績を一元管理する。勤務形態や作業現場などにあわせて承認ルートを設定できる。異常な勤怠を検知するとアラートを出す機能も利用できる。

CC-BizMateのポイント

  • 勤怠の予定と実績を一元管理、異常な勤怠を検知するとアラート
  • 勤務形態や作業現場などにあわせて承認ルートを設定可能
  • 勤怠データは給与計算システムと連携可能

CC-BizMateの製品解説

 クロスキャットの「CC-BizMate」は、労務管理やコスト管理を可視化するクラウド型勤怠管理システムだ。勤怠状況の見える化によって、労務リスクの軽減や業務の効率化を支援する。複数の勤務体系に対応する。

編集部おすすめの関連記事

 勤怠の予定と実績の一元管理、プロジェクトごとの勤怠管理、異常な勤怠を検知するアラート機能などを搭載し、実績データをリアルタイムに集計。従業員の過重労働や残業など、勤怠管理の問題点を明確にする。

 タイムカードを利用した場合に発生する出退勤時間の管理やタイムカードの回収、集計や給与計算といった手作業を効率化し、コストを削減。「給与奉行」「給与大将」「PCA給与X」などの給与システムと連携できるため、人事労務担当者の負荷削減にもつなげられる。

 スマートフォンやフィーチャーフォンに対応し、通信はSSL/TLSで暗号化される。法改正や利用者の要望にあわせてアラートメール通知や残業予測、時間有休休暇管理などの機能を随時追加し、今後もレポーティング機能や気づき視覚エフェクトを追加する予定だ。

CC-BizMateのまとめ
用途と機能労務管理やコスト管理を可視化するクラウド型勤怠管理システム
特徴勤怠状況の見える化によって、労務リスクの軽減や業務の効率化を支援。勤怠管理の問題点を明確にし、給与計算などの効率化で人事労務担当者の負荷を削減する
税別価格初期導入費用:15万円から、基本利用料:50人までで月額2間年
導入企業アクティブ、菓匠三全、クロスキャット、など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]