IoT ぷらっとホーム

OpenBlocks IDM:工場内機器のデータを時系列で一元管理するIoTゲートウェイ

IoTゲートウェイの「OpenBlocks IDMアプライアンス」は、工場内のさまざまな機器からのデータを収集して時系列で一元管理する。時間間隔の異なる複数のデータを同一グラフ上で可視化することで、さまざまな要因や原因を分析できるという。

OpenBlocks IDMアプライアンスのポイント

  • 工場内のさまざまな機器からデータを収集するIoTゲートウェイ
  • 時系列でデータを一元管理、機器の状況を可視化して要因や原因を分析
  • AWS、Azure、Watsonといった外部サービスとの連携に対応

OpenBlocks IDMアプライアンスの製品解説

 ぷらっとホームの「OpenBlocks IDMアプライアンス」は、工場内のモノのインターネット(IoT)化を可能にするIoTゲートウェイだ。工業計器、制御機器、環境計測分析機器、ポンプ、バルブ、油空圧機器、産業機器などの工場機器から発生するデータを一元管理できるようになる。

編集部おすすめの関連記事

 工場内のデータは、時系列データ基盤により統合管理。蓄積されたデータをもとに、工場内のレイアウト図面上へ環境データをプロットしたり、設備の稼働状況や生産量をグラフで視覚化したりすることができる。

 レイアウトの変更などにも柔軟に対応できるため、設備の新設や移動をすぐに反映させることが可能。時間間隔の異なる複数のCSVファイルを統合し、複数の要素を同一グラフ上で可視化することで、さまざまな要因や原因を分析できるという。

 インターネット接続のない閉域環境でも環境を構築できる。時系列データ基盤に蓄積されたデータとオンラインサービスを接続するためのツールを搭載しており、データを加工処理したり、Twitterなどのクラウドサービスへデータを送信したりすることができる。Amazon Web Services、Microsoft Azure、IBM Watson IoT Platformといった外部サービスとの連携も可能だ。

OpenBlocks IDMアプライアンスのまとめ
用途と機能工場内のIoT化を可能にするアプライアンス
特徴工場機器から発生するデータを時系列データ基盤で一元管理する。工場内のレイアウト図面上へ環境データをプロットしたり、設備の稼働状況や生産量をグラフで視覚化したりできる。外部サービスとの連携も可能

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]