マーケティング

今さら聞けないSEOの基礎知識(7)--重複コンテンツのURLを正規化する

URLの正規化によって、重複するコンテンツのリンクを統一することができます。それにより、検索エンジンによるコンテンツの評価を集約させることが可能になります。

 SEO内部対策の応用編として、HTML構造化をテーマにした「第6回:『HTML構造化』で内容を論理的に記述」に続き、最終回は「URL正規化」について取り上げます。

URL正規化とは

 URL正規化とは、簡単に言うと、URLの表記を統一することです。

 もっと丁寧に説明すると、コンテンツの内容が全て、またはほぼ全て同じページ(=URL)が重複して存在する際に、オリジナルとなるページを「これが正規(=オリジナル)のページである」と検索エンジンに対して示すことを指します。

 コンテンツの重複という現象は、さまざまな理由で発生します。例えば、同一の商品を複数のECサイトで販売している場合、商品ページの情報が全く同じ内容になっている、というとイメージしやすいにではないでしょうか。

今さら聞けないSEOの基礎知識の記事一覧

残り本文:約2217文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan