開発 開発ツール

人気プログラミング言語トップ10--「Python」が順位を2つ上げて首位

ソフトウェアエンジニアリングや開発者の職への関心が高まり続ける中、どのプログラミング言語を学習するのが最も有益なのかを誰もが知りたがっているようだ。米国電気電子学会(IEEE)は先頃、言語人気ランキングを発表した。

 ソフトウェアエンジニアリングや開発者の職への関心が高まり続ける中、どのプログラミング言語を学習するのが最も有益なのかを誰もが知りたがっているようだ。これらの言語の人気は市場とともに上下するので、現役の開発者も、開発者志望の人もトレンドを常に把握しておくことが重要だ。

 それが支持者の多いレガシー言語であれ、業界を席巻している新しい言語であれ、包括的なスキルを維持しておけば、求職者としての自分の魅力を高めることができる。また、社内で、より大きな責任を与えられる可能性もある。しかし、どの言語に投資するのかは賢明に判断する必要がある。

 言語の人気を把握しやすくするため、米国電気電子学会(IEEE)は先頃、オンラインマガジンの「IEEE Spectrum」で 2017年に最も人気のあるプログラミング言語のリストを発表した。このリストはインタラクティブ性を備えており、さまざまな基準でソートすることができるが、本記事では、IEEE Spectrumの典型的な読者向けの言語人気ランキングを紹介する。

1. 「Python」

 2017年のランキングでは、Pythonが前年から順位を2つ上げて首位に輝いた。Pythonは「Trending」(急速に普及している言語)と「Open」(オープンソースハブで人気の高い言語)でも1位になっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1325文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. モバイルワークの生産性をグンと上げる!ワークスペース構築の5つのポイント
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan