OS

企業における「Windows 10」利用率--「Windows XP」をわずかに上回るという調査結果

すでにパッチが発行されなくなったWindows XPだが、いまだに11%のノートPCやデスクトップPCにて利用されているとの調査結果が出た。一方、Windows 10の利用率は13%だという。

 最近の調査で、Microsoftの古いOS「Windows XP」が、企業内で「Windows 10」とほぼ同程度利用されていることがわかった。

 Windows XPはすでにリリースから16年が経過しており、一般的にハッキングに対するパッチはすでに発行されていない。しかしSpiceworksの調査によると、いまだに11%のノートPCやデスクトップPC上でWindows XPが稼働しているという。一方、Windows 10が稼働しているPCは13%だ。

 SpiceworksのシニアテクノロジアナリストPeter Tsai氏は、同社が集めた数十万人に及ぶIT専門家のデータから、「Windows 10の普及率は高まっているものの、同OSが稼働しているコンピュータの絶対的シェアは比較的低いままだ」としている

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1548文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan