セキュリティ AI・機械学習

MSの新クラウドサービス「Security Risk Detection」--AIでコードのバグ発見を支援

「Microsoft Security Risk Detection」は、人工知能(AI)を使うことで、開発者がアプリケーションに存在する問題のあるコードやセキュリティ上のぜい弱性を探すのを支援する。

 米国時間7月21日に一般提供の始まったツール「Microsoft Security Risk Detection」は、人工知能(AI)を使うことで、ソフトウェア開発者がコード内のバグとぜい弱性を探す作業を支援する。Microsoftのブログ投稿によると、これまで「Project Springfield」として知られていたクラウドベースの同ツールは、開発者とセキュリティ専門家が担当している作業を補うためのものだという。

 Microsoft Security Risk Detection担当グループを率いるMicrosoftのDavid Molnar氏は、バグのあるコードやセキュリティの問題を発見する品質保証(QA)手法であるファズテストを同ツールが実行する、と同ブログ投稿で述べた。開発されるソフトウェアが増えるほどこのテストの必要性も増し、管理が困難になる。

 Microsoft Security Risk DetectionのAIは、人間の作業者の置き換えを狙っておらず、人間が既に実施している作業を単に拡大させるだけ、と同ブログ投稿は説明している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約835文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan