EAI/ESB インターコム(台東区)

Biware EDI Station:EDIとファクスの受発注を一元管理する企業間データ連携基盤

企業間データ連携基盤の「Biware EDI Station」は、EDIとファクスによる受発注業務を一元管理する。さまざまなEDIプロトコルに対応している。プログラミング不要でジョブフロー作成できる。

Biware EDI Stationのポイント

  • プログラミング不要でジョブフロー作成可能
  • ファクスのほかにSFTPやebXML MS、EDINT AS2、JCA手順などに対応
  • 受信した取引データを明細単位で並び替えることも可能

Biware EDI Stationの製品解説

 インターコムの「Biware EDI Station」は、電子データ交換(Electronic Data Interchange:EDI)とファクスによる受発注業務を一元管理できる企業間データ連携基盤だ。ウェブAPIや専用アダプタなどによる業務システムとの連携、EDIによる企業間連携も可能で、さまざまな規模のEDIシステムを構築することができる。

編集部おすすめの関連記事

 ジョブフローの作成には専用のウィザードやテンプレートが用意され、プログラミング不要で作成することができる。作成したジョブフローをマウス操作で容易に編集できる専用画面も用意されており、特別なスキルがなくても運用が可能だ。

 通信手順としては、主に海外との企業間取引や拠点間のファイル転送に利用される汎用性の高いインターネットEDIであるSFTPや、レガシーEDIのファクスのほか、インターネットEDIとしてはebXML MS、EDINT AS2、JX、レガシーEDIとしてはJCA手順、全銀手順、全銀TCP/IP手順に対応、合計8つの通信手順をサポートする。

 自社基幹データとEDI業界標準データを相互変換でき、受信した取引データに対し、明細単位でデータを並び替えることも可能だ。例えば、複数の卸売企業から受信したメーカー向けの発注ファイルをメーカーコード別に抽出し、さらに商品コード別にデータを並び替えて送信するといった使い方も可能だ。変換形式としては、XMLやUN/EDIFACT、固定長、可変長などに対応している。

 ウェブAPIを利用してEDI機能を業務システムに組み込むウェブAPI連携、ジョブフローの定義から業務システムを呼び出して実行結果をフィードバックするコマンド連携、指定フォルダを定期監視して出力ファイルに対して通信処理を実行するフォルダ監視連携などに対応する。

 また、VMWare ESXiやWindows Server 2012 R2 Hyper-Vの仮想化環境でのサーバ運用、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、IBM Bluemix Infrastructure(旧SoftLayer)のパブリッククラウドのIaaSにも対応している。

Biware EDI Stationのまとめ
用途と機能EDIとファクスによる受発注業務を一元管理できる企業間データ連携基盤
特徴インターネットEDI、ファクスを含むレガシーEDIの8つの通信手順に対応。プログラミングせずジョブフローを作成する機能や、データを柔軟に変換して自動処理する機能も備える。仮想化環境、IaaS環境での運用にも対応する
税別価格Standard版:92万円、Professional版:115万円
導入企業日機装、日本ケロッグ、ペルノ・リカール・ジャパン、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan