クラウド クラウドストレージ クラウドサービス

グーグルの新しい「バックアップと同期」機能--データのバックアップを取る方法と注意

グーグルは、「Googleドライブ」を使ったファイルのバックアップを簡素化するため、「バックアップと同期」機能を公開した。同機能の導入と使い方、そして、注意事項をここでは解説する。

 Googleは米国時間7月12日、「Googleドライブ」を使ったファイルのバックアップを簡素化するため、新しい「バックアップと同期」機能を公開した。Googleのブログ投稿によると、この機能を利用すれば、ローカルマシンのフォルダにあるファイルをGoogle Driveに継続的にバックアップできるようになるという。

 また、バックアップと同期は「Googleフォト」とGoogleドライブの両方に対応しており、「Google フォト バックアップ」、および「Mac」とPC向けGoogleドライブアプリの後継製品だとこの投稿には書かれている。

 基本的に、この新しいツールは、個人ユーザー向けの「Dropbox」とほとんど同じように動作する。ユーザーは、このツールをインストールし、バックアップしたいフォルダを選択するだけでよい。選んだフォルダが接続され、新しいデータがそのフォルダに追加されるたびに、データのアップロードと同期が実行される。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1316文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. モバイルワークの生産性をグンと上げる!ワークスペース構築の5つのポイント
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan