セキュリティ

サイバーセキュリティで需要が多い3職種--脅威が高まる一方で不足する人材

現在、ランサムウェアなどの脅威がかつてないほど高まっている一方で、そうした問題に対処する人材が不足している。本記事では、現在最も需要が多いとされるサイバーセキュリティ関連職について紹介する。

 企業のサイバーセキュリティ関連職は、人材を見つけるのが最も困難な職の1つであり、この分野では2022年までに180万人の人材が不足するとみられている。ランサムウェアなどの脅威がかつてないほど高まっている現状において、これは重大な問題である、と指摘するのは、Mondoでリクルーティング担当シニアディレクターを務めるStephen Zafarino氏だ。MondoはニッチなIT、テクノロジ、およびデジタルマーケティング分野の人材を扱う米国の人材紹介会社である。

 「それが厄介な問題になる可能性があることは間違いない。需要が極めて多く、供給は非常に少ないので、サイバーセキュリティ分野は志望者に有利な市場である。企業は、最適な環境で適切な人材に投資することの利点を理解しており、その結果として、確実に高い報酬を支払っている」(Zafarino氏)

 Zafarino氏によると、サイバーセキュリティエンジニアの平均年俸は11万ドル~16万ドルだという。さらに、優秀な志望者は年俸や手当、遠隔勤務などの特権について、以前より積極的に交渉できるようになっている、と同氏は付け加えた。

 2017年に最も需要の多いサイバーセキュリティ関連職としてMondoが挙げた3つの職種は、以下の通りだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2295文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]