クラウド クラウドサービス

グーグルの「誰も非難しない」事後分析--クラウドサービス可用性99.978%の秘訣

グーグルのクラウドサービスが99.978%の可用性を維持している秘訣は、インフラストラクチャ障害の発生後に誰も非難しないことだという。同社の幹部が、「誰も非難しない事後分析」の重要性を語った。

 皆さんの会社で次に何か問題が発生したときは、すぐに非難合戦を始めないようにしよう。  Googleは米国時間7月13日、同社のクラウドサービスが99.978%の可用性を維持している秘訣を明らかにした。それは、インフラストラクチャ障害の後に誰にも非難の矛先を向けないことだという。

 ロンドンでGoogleのSite Reliability Engineering(SRE)を指揮するPhil Beevers氏は、Googleが「誰も非難しない事後分析」と呼ぶ作業を障害後に実施することの重要性を説明した。

 「何らかの障害や機能停止が発生した後には、事後分析を実施するようにしている。事後分析で目指しているのは、問題の根本原因を理解して、再発を防止できるようにすることだ」。Beevers氏はこのように述べる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1252文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  2. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  3. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  4. スマホ普及率が71.8%越えに─失敗しないモバイルマーケティングの実践方法とは
  5. DX時代に必須! 「サイバートランスフォーメーション」の要諦

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]