グループウェア

改めて考えたいグループウェアの選定ポイント--ざっくり分かる主要製品の機能と特徴

既に多くの企業に導入されているグループウェアに大きな変化が起きている。利用者は今、どんな機能やサービスを求めているのだろうか。グループウェアの選定ポイントと主要製品を5つ紹介する。

 情報共有を支援するグループウェアは、既に多くの企業に導入されている。業務効率化や生産性向上に欠かせないツールである一方、システムの更新や移行については「現状のままでいい」という声も多い。

 だが近年、グループウェア市場は大きな変化が起きている。利用者は今、グループウェアに何を求めているのだろうか。

 市場動向を踏まえながら、グループウェアの選定ポイントについて解説するとともに、主なグループウェア製品を5つ紹介する。

「続きを読む」からPDFファイルをダウンロードできます。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 海外進出成功のポイントは「失敗事例」から学ぶことにあり
  5. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan