クライアントセキュリティ

Shield Share:PCで作業中のファイルを保護するエンドポイントセキュリティ

エンドポイントセキュリティの「Shield Share」は、特定フォルダでファイルを自動的に暗号化し、編集時に自動復号することで、情報漏えいを防止する。社外との情報共有やオフラインでの利用にも対応する。

Shield Shareのポイント

  • 特定フォルダでファイルを自動的に暗号化し、編集時に自動復号する
  • ファイルサーバやNAS、クラウドサービスと同期可能
  • オフライン環境にも対応

Shield Shareの製品解説

 クリエイターズ・ヘッドの「Shield Share」は、安全なIT作業環境を構築できるほか、業務の分析や改善にも役立てられるエンドポイントセキュリティソフトだ。ファイルサーバやネットワーク接続ストレージ(NAS)、クラウドサービスと同期した情報漏えい対策が可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 特定のフォルダ内へファイルを格納することで自動的に暗号化、編集時の自動復号を可能とする独自のアプリケーションシールド技術を採用。特定のフォルダ内のデータでも、利用中のアプリケーションによって開かれているファイルのみに作用するため、システムへの影響も最小限だ。

 社内情報共有環境やモバイルワーク、外部との情報共有など、オンラインとオフラインの環境を問わず、さまざまなワークスタイルで重要情報を安全に取り扱える。クライアントPCへのソフトウェアのインストールや設定作業は不要。また、付属のビジネスインテリジェンス(BI)ツールで利用頻度やワークフローなどを可視化できる。不正の監視や業務の効率化も可能となっている。

Shield Shareのまとめ
用途と機能安全なIT作業環境を提供するエンドポイントセキュリティ
特徴ファイルの自動暗号化と復号によって、作業中のファイルを情報漏えいから守る。クライアントPCへのソフトウェアのインストールや設定作業は不要。付属のBIツールで業務の可視化や分析も可能
税別価格Shield Share Solo:1台あたり年額6000円から

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]