PBX 富士通

LEGEND-V:最大1万6000回線まで収容可能なIP-PBX--障害時の影響を最小化

IP-PBX専用機の「LEGEND-V」は、400~1万6000回線までの電話環境を1モデルで構築できる。IPリモートシェルフとバックアップサーバのみの単独運用も可能で、システム障害時の運用継続方法もきめ細かく設定できる。

LEGEND-Vのポイント

  • 最大1万6000回線までの電話環境を1モデルで構築できる
  • IPリモートシェルフとバックアップサーバのみの単独運用も可能
  • システム障害時の運用継続方法もきめ細かく設定できる

LEGEND-Vの製品解説

 富士通の「FUJITSU Network LEGEND-V」は、ビジネスの成長にあわせて柔軟に対応できる拡張性を備えたIP-PBX専用機だ。システム障害時の運用継続方法をきめ細かく設定でき、ネットワークやシステム障害時の業務影響を最小化し、ビジネスの機会損失を防ぐことができる。

編集部おすすめの関連記事

 その特徴としては、まずビジネス成長に応じて柔軟に対応できる拡張性が挙げられる。400~1万6000回線までの規模を1モデルで構築できるため、本体装置を交換することなく拡張可能だ。

 また、各拠点に最大600内線まで収容できるIPリモートシェルフを設置し、各拠点のIP電話システムを集中管理することもできる。さらにLEGEND-V本体を導入せず、IPリモートシェルフとバックアップサーバのみの構成で、拠点のIP-PBXとして単独運用することも可能だ。

 可用性を高めるためにさまざまな要因の障害に備えた詳細な運用設定が可能。これにより、ネットワークやシステム障害が業務に及ぼす影響を最小限に抑えられる。

 iOSとAndroidに対応する専用のモバイルアプリを導入すれば、スマートフォンを内線端末として使うこともできる。モバイルアプリはApp StoreとGoogle Playからダウンロードできる。

 携帯電話事業者が提供するFMCサービスを活用すれば、固定電話と携帯電話、携帯電話間を内線番号で呼び出せるようになり、利便性の向上や通話料金の削減が期待できる。

LEGEND-Vのまとめ
用途と機能ビジネスの成長にあわせて柔軟に対応できるIP-PBX
特徴400~1万6000回線までの規模を1モデルで構築できる。IPリモートシェルフとバックアップサーバのみの単独運用も可能。システム障害時の運用継続方法もきめ細かく設定できる

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan