ERP

SAPジャパン、中堅中小向けERPでパートナー施策強化--クラウド型にも注力

SAPジャパンは中堅中小企業向けビジネスを強化。日本国内でのクラウド型ERPの浸透を推進するため、パートナー戦略とマーケティング戦略に注力する。

 SAPジャパンは7月21日、中堅中小企業向けビジネスの進捗状況と今後の戦略について説明会を開催した。同社は日本国内でのクラウド型統合基幹業務システム(ERP)の浸透を推進するため、パートナー戦略とマーケティング戦略に注力すると説明。パートナーとともに各種製品の導入キャンペーンを同日から展開する。

 既にSAPジャパンはクラウドの「SAP Business ByDesign」やオンプレミスの「SAP Business One」などの顧客提供を4月の時点で明らかにしているが、今回はチャネルパートナープログラムの拡充を図ることを公表した。「直販に限らずパートナーとともにビジネスマーケティングの拡充と認知度向上を目指す」(SAPジャパン バイスプレジデント ゼネラルビジネス統括本部 統括本部長 牛田勉氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2138文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  3. 調査結果--働き方改革:「お隣の企業」はどこまで進めている?着手の度合い、課題をレポート
  4. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  5. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan