ERP

平和オート、デジタル変革を見据えて「SAP S/4HANA」などを採用へ

中古車の輸出販売を手掛ける平和オートは、将来的なデジタル変革に対応していくため、経営基盤システムとして「SAP S/4HANA」「SAP Hybris Commerce」を導入することを決めた。

 中古車の輸出販売を手掛ける平和オート(大阪府)は、将来的なデジタル変革に対応していくため、経営基盤システムとして「SAP S/4HANA」「SAP Hybris Commerce」を導入することを決めた。SAPジャパンが7月21日に発表した。

 平和オートは、1966年にバイクショップとして創業し、その後、四輪車の販売を開始した。1990年前半には、他社にさきがけて中古車の販売先を海外へシフトして、中古車輸出事業を強化してきた。現在、ニュージーランドをはじめ、世界十数カ国を対象に日本車の中古車輸出販売を展開している。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan