セキュリティ IoT

IoTをブロックチェーン技術で安全に--処理能力不足に対処してセキュリティ向上

処理能力が不足しがちなIoTデバイスの安全性は、ブロックチェーンに対する新たな取り組みによって高められるかもしれない。

 モノのインターネット(IoT)デバイスはデジタル世界を大混乱に陥れるだけの力を持っている、という考えは疑問視されていた。だが、そのような疑念は、2016年第4四半期にIoTデバイスを使って機能するボットネット「Mirai」がいともたやすくインターネットサービスを機能不全にしたことで、完全に取り払われた。

 IoTデバイスが攻撃対象になっている理由を探るため、ポーツマス大学の研究者チームは55のIoT管理用システムを分析した。その結果、システムの多くがセキュリティやプライバシーをサポートしていないうえ、堅牢な制御手段も実装していない、ということに気付いた。なぜこのような事態になったのだろうか。

 この分析を実施したポーツマス大学のプレスリリースのなかで、同大コンピュータ学部所属のPaul Fremantle氏は、「システムを安全に保つ目的のアップデートを施すことに対し、メーカーには積極的に取り組む動機が存在しない」と述べた。さらに、IoTデバイスには、強力なセキュリティソリューション実装に必要な十分な処理能力やメモリがない、ということも要因である可能性があると付け加えた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2051文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 医療業界が直面する4つの課題と、医療機関の業務効率を高めるためのITプラットフォーム
  2. 製造業をモダナイズ! アジャイルでデータ中心型のインフラストラクチャーを実現する要件とは
  3. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  4. アナリティクスのPDCAサイクルを自動化!マツモトキヨシのマーケティング戦略を支える分析基盤
  5. 【調査】軽減税率への対応、御社の会計処理はいかがですか--「対処済は2割ほど」が現実!?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]