セキュリティ

習慣3:ID、パスワードを強くしましょう

IDとパスワードは、ITシステムやサービスなどを利用するユーザーが本人であることを証明するための大切な情報です。悪用されないためには、推測されにくい強いパスワードに設定する対策と、パスワードを盗まれないように適切に管理する対策が欠かせません。

パスワードが盗まれるとどういう被害に遭う?

 IDとパスワードは、ITシステムやサービスなどを利用するユーザーが本人であることを証明するための大切な情報です。例えば、ネットバンキングの利用に必要な認証情報が他人に知られれば、自分の口座の預金を勝手に第三者の口座に送金されてしまうかもしれません。

 また、企業システムの管理者情報が漏れれば、社内ネットワークに不正に侵入され、重要情報が外部に盗み出されてしまう可能性があります。こうした被害に遭わないためには、推測されにくい強いパスワードに設定する対策と、パスワードを盗まれないように適切に管理する対策が欠かせません。

●登場人物紹介

茂礼手課長と布施木君

茂礼手 太郎(もれて たろう)
茂礼手課長と呼ばれている。何かとやらかしては、布施木君に注意される。

布施木 ます子(ふせぎ ますこ)
布施木君と呼ばれている。なんだかんだと茂礼手課長をサポート。

ポイント1:パスワードは一文字でも多いものに、また推されにくい文字列にする

ポイント1

 パスワードは、推測されにくい複雑な文字列に設定しましょう。大文字と小文字、数字や記号を交ぜ、可能であれば12文字以上のできるだけ長い文字列に設定します。

 また、辞典に載っているような単語や「12345678」などの連続した文字や繰り返した文字、自分の名前や誕生日といった文字列などは設定しないようにしましょう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1518文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]