セキュリティ

「macOS」を狙うマルウェア「OSX/Dok」--トラフィックをC&Cサーバにリダイレクト

「macOS」を標的とするマルウェア「OSX/Dok」が拡散している。新たに発見された亜種は、トラフィックをC&Cサーバにリダイレクトしてユーザー情報を取得しようとする

 「macOS」ユーザーは、自分が思っているほど安全ではない。デバイスに感染して、銀行のウェブサイトに偽装し、認証情報を盗む新種のマルウェアが拡散している。それは「OSX/Dok」マルウェアの危険な亜種だ。macOSの設定の奥深くまで侵入し、削除されるのを阻止しようとする。

 Check Point Software Technologyのマルウェアチームによると、OSX/Dokの実際の感染例はここ数週間で急増しており、マルウェア作成者たちがAppleの証明書を積極的に購入しているため、この脅威がさらに拡大していく見込みだという。

 一般に、Apple製のコンピュータは「Windows」搭載の競合製品より安全だと考えられているが、このマルウェアは誰も現代のセキュリティの懸念と無縁でいられないことを証明している。

OSX/Dokの挙動

 OSX/Dokが最初に発見されたのは2017年5月のことだ。当時はウェブトラフィックを傍受してウェブサイトの認証情報を盗むという挙動しか知られていなかったが、今回新たに発見された亜種は、トラフィックをコマンド&コントロール(C&C)サーバに積極的にリダイレクトし、銀行のログインページに見せかけてユーザー情報を不正に取得しようとする。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1333文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan