ERP 日本オラクル

計量機器メーカーの寺岡精工、予算管理SaaS採用--経費予算を連動

計量機器メーカー大手の寺岡精工(大田区)は「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」採用した。表計算ソフトを利用して予算策定のデータ収集や各種報告などを行っていたが、作業負荷が増大していた。

 計量機器メーカー大手の寺岡精工(大田区)は「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用した。日本オラクルが7月20日に発表した。

 流通小売や食品製造・加工、製造・物流、飲食・専門店の4つの分野にPOSレジスタやスケールなどを提供している同社は、連結従業員数が3500人以上、国内に26の営業拠点、8の出張所に加えて、シンガポールや上海にも工場を構えている。

 表計算ソフトを利用して予算策定のデータ収集や各種報告などを行っていたが、作業負荷が増大。数量ベースの販売計画からそれに対応した計画の策定、中期経営計画と単年度予算の連動が可能な予算管理の仕組みを求めていた。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  2. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  3. よくわかるCloud Access Security Broker(CASB)導入のポイント
  4. 事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース
  5. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]