SCM

日立建機、SaaS型MDMで保守部品の品番など世界各地の部品マスターを集約

日立建機は、SaaS型の部品向けマスターデータ管理(MDM)システムを1月から活用。グローバルでの在庫最適化を進めるために、世界各地の部品マスターを集約したグローバルマスターデータが必要となっていた。

 日立建機は、SaaS型の部品向けマスターデータ管理(MDM)システム「Syncron MasterData」を1月から活用している。シンクロン・ジャパンが7月20日に発表した。

 日立建機は、部品事業での売上拡大と在庫最適化の両立を目標として、グローバルオペレーションの効率化を図っている。グローバルでの在庫最適化を進めるために、世界各地の部品マスターを集約したグローバルマスターデータが必要となっていた。

 2016年4月からSyncron MasterDataの採用作業を開始。10カ月を経て、2017年1月から利用している。グローバルでの部品在庫の計画の精度向上に貢献し、ロジックを明文化したことでマスターデータの整備やクレンジングと運用体制を確立したという。今後、導入対象範囲を拡大していく。Syncron MasterDataの最新版では、日立建機と共同で検討したロジックなどが標準機能として新たに追加されている。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan