給与計算

enigma pay:企業に代行して給与を前払い--日払い対応で求人応募数をアップ

前払給与サービスの「enigma pay」は、勤怠打刻や給与のデータをもとに企業に代行して給与を前払いする。企業側の費用は無料で、従業員は一定の手数料を支払うことで利用できる。

enigma payのポイント

  • 従業員への給与の前払いを代行するサービス
  • 企業側の費用は無料でシステムの運用が可能
  • 日払い対応で求人広告の応募数アップなどが見込める

enigma payの製品解説

 enigmaの「enigma pay」は、勤怠打刻や給与のデータをもとに従業員への給与の前払いを可能にするサービスだ。同社が企業に代行して給与を前払いする仕組みとなっている。アルバイト求人の給与支払い方法を「日払い」にすることで、求人広告の応募数アップなどが見込める。

編集部おすすめの関連記事

 従業員は、PCやスマートフォン、フィーチャーフォンなどから申請でき、受け取りにあたっての特定口座や専用口座は必要なく、従業員の銀行口座に振り込まれる。支払いタイミングも午前9時25分までに手続きが完了すれば、当日中に受け取ることができる。

 企業側のサービス導入やシステム運用などに掛かる費用は無料。従業員側は一定の手数料を支払うことにより、サービスを利用することができる。

enigma payのまとめ
用途と機能従業員への給与の前払いを可能にするサービス
特徴勤怠打刻と給与のデータをもとに、enigmaが企業に代行して給与を前払いする。特定口座や専用口座の開設は不要。従業員の銀行口座に直接振り込まれる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「給与計算」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]