メールセキュリティ 情報漏えい対策 富士通

SYNCDOT MailAudit:情報漏えい事故を“水際”で防止するメールセキュリティ

メールセキュリティの「SYNCDOT MailAudit」は、アドレスやドメイン、件名、本文、添付ファイルなどを対象に検査して、部門ごとにルールを設定して上司の承認を得てから送信することでメールによる事故を防ぐ。

SYNCDOT MailAuditのポイント

  • 部門ごとにルールを設定して、発信前に上司の承認を得てから送信
  • アドレスやドメイン、件名、本文などを対象に検査
  • メールを法的な証拠として保存し、事故の原因究明を迅速にできる

SYNCDOT MailAuditの製品解説

 富士通の「FUJITSU Security Solution SYNCDOT MailAudit」は、保存、承認、暗号化といった機能で組織のセキュリティポリシーに沿ったメール運用を支援するメールセキュリティだ。部署や役職、添付ファイルの有無など、さまざまな条件や組み合わせに応じてメールを自動で仕分けし、それぞれのルールに沿って対処できるようになっている。

編集部おすすめの関連記事

 社外発信メールにおけるコンプライアンス上の課題としては、「発信前にチェックしないと意味がない」「ヒューマンエラーによる誤送信のリスクは必ずある」「添付ファイルの暗号化などルールを徹底させるのは難しい」といったものが挙げられる。

 こうした課題に対して、企業のルールに合致しないメールは発信前の“水際”で保留し、上司の承認をもって送信を許可する、送信済メールの添付ファイルをパスワード付きZIPファイルで暗号化するなどの対処が可能になる。

 アドレスやドメイン、件名、本文、添付ファイルなどを対象に検査する。部門単位で条件に一致した場合の制御を設定できる。許可や拒否、破棄、保留などの判断でメールを制御する。

 メールを法的な証拠として保存するため、万が一の事故には迅速に原因を究明できる。また、常に監視されている意識が従業員のメールの不正利用に対する抑止力として働く。

 添付ファイル内を検査、検索する機能はオプションで提供する。

SYNCDOT MailAuditのまとめ
用途と機能セキュリティポリシーに沿った運用を支援するメールセキュリティ
特徴さまざまな条件や組み合わせに応じてメールを自動仕分けし、各ルールに沿った対処が可能。メールを法的な証拠として保存できる。添付ファイルの検査機能はオプション提供

「メールセキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]