メールセキュリティ 情報漏えい対策 富士通

SYNCDOT MailAudit:情報漏えい事故を“水際”で防止するメールセキュリティ

メールセキュリティの「SYNCDOT MailAudit」は、アドレスやドメイン、件名、本文、添付ファイルなどを対象に検査して、部門ごとにルールを設定して上司の承認を得てから送信することでメールによる事故を防ぐ。

SYNCDOT MailAuditのポイント

  • 部門ごとにルールを設定して、発信前に上司の承認を得てから送信
  • アドレスやドメイン、件名、本文などを対象に検査
  • メールを法的な証拠として保存し、事故の原因究明を迅速にできる

SYNCDOT MailAuditの製品解説

 富士通の「FUJITSU Security Solution SYNCDOT MailAudit」は、保存、承認、暗号化といった機能で組織のセキュリティポリシーに沿ったメール運用を支援するメールセキュリティだ。部署や役職、添付ファイルの有無など、さまざまな条件や組み合わせに応じてメールを自動で仕分けし、それぞれのルールに沿って対処できるようになっている。

編集部おすすめの関連記事

 社外発信メールにおけるコンプライアンス上の課題としては、「発信前にチェックしないと意味がない」「ヒューマンエラーによる誤送信のリスクは必ずある」「添付ファイルの暗号化などルールを徹底させるのは難しい」といったものが挙げられる。

 こうした課題に対して、企業のルールに合致しないメールは発信前の“水際”で保留し、上司の承認をもって送信を許可する、送信済メールの添付ファイルをパスワード付きZIPファイルで暗号化するなどの対処が可能になる。

 アドレスやドメイン、件名、本文、添付ファイルなどを対象に検査する。部門単位で条件に一致した場合の制御を設定できる。許可や拒否、破棄、保留などの判断でメールを制御する。

 メールを法的な証拠として保存するため、万が一の事故には迅速に原因を究明できる。また、常に監視されている意識が従業員のメールの不正利用に対する抑止力として働く。

 添付ファイル内を検査、検索する機能はオプションで提供する。

SYNCDOT MailAuditのまとめ
用途と機能セキュリティポリシーに沿った運用を支援するメールセキュリティ
特徴さまざまな条件や組み合わせに応じてメールを自動仕分けし、各ルールに沿った対処が可能。メールを法的な証拠として保存できる。添付ファイルの検査機能はオプション提供

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]