新興技術

技術ではなく人材が重要--企業のデジタル化に潜む5つの「神話」を読み解く

イノベーションに関する問題の本質とは何か、デジタル時代においてどのように推進していけばいいのか。Zebra TechnologiesでCTOを務めるTom Bianculli氏が、企業のデジタル化で強く信じられている5つの「神話」を読み解く。

 「2030年、自動車産業の中心地はデトロイトではなくシリコンバレーである」「スマート下水道により公衆衛生の水準が向上する」「農業は野球のようなものだ」──。これらはデジタルディスラプション(デジタルテクノロジによる破壊的イノベーション)にまつわる機会や課題を探るべく、Fortune 500に名を連ねる企業の最高経営責任者(CEO)や政策立案者、起業家が集まった経済誌『The Economist』主催のイベント「Innovation Summit」における発言や予測のほんの一部です。

 「イノベーションに関する問題の本質とは」「今日のデジタル時代において、イノベーションをどのように推進するのか」など、イノベーションに対するさまざまな問いが議論される中、同誌の中国ビジネス担当編集者であるVijay Vaitheeswaran氏は「イノベーションは最も乱用されている言葉の一つである」と指摘しています。

 そして、21世紀におけるイノベーションとは、可視化によってステークホルダーに価値を提供すること、そして、需要が発生するポイントに可能な限り近くで価値を提供することです。

 “可視化する力”は重要です。なぜなら、今日はあらゆるデバイスからデータを感知すると同時に、実用的な知見を得るためにそれを分析し、リアルタイムに対処できるテクノロジが存在するからです。私たちは、ある物事に対する脳内イメージと現実世界との差異を特定し、必要な措置を講じることができます。ベンチャーキャピタリストとして著名なJ.B. Pritzker氏の言う通り、「テクノロジ企業のように行動しないのであれば、死んだも同然」なのです。

 皆さんはイノベーションの本質を正しく把握しているでしょうか。おそらく多くの人が正確に把握していないでしょう。とはいえ、私たちは成功から学ぶ以上に、失敗からたくさんのことを学び得ています。

 さて、皆さんにとって最大の資産は何でしょうか。それは「人」です。大多数の経営陣は、職場におけるデジタルディスラプションを効果的に管理するためには、技術ではなく従業員が重要であるという見解を持っています。これはInnovation Summitにおいて解き明かされた、デジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)に関して強く信じられている5つの「神話」の1つです。

 5つの神話についての具体的な説明は以下の通りです。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2017文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan