クラウド クラウドサービス

マルチクラウド入門--複数のクラウドサービスを組み合わせた運用の利点と注意点

マルチクラウドは、複数の異なるクラウドサービスを組み合わせて利用する手法だ。マルチクラウドの概要、利点、適している企業、導入時の注意点、企業での採用率の動きなどを紹介する(2017年7月20日公開、2021年2月1日更新)。

 「Amazon Web Services(AWS)」の立ち上げから10年以上が経過した今も、Amazonは「先駆者」という立場の強みを活かし続けている。AWSは依然としてマーケットリーダーだが、GoogleやMicrosoftなど、業界の他の大手企業が提供するクラウドサービス(そして他のベンダーの専門的なサービス)がシェアを伸ばしているため、Amazonはクラウド市場の覇権を握れていない。

 その結果、組織や開発者は複数のベンダーのクラウドサービスを利用するようになり、マルチクラウドというふさわしい名前のパラダイムが生まれた。

 本記事では、マルチクラウドプロバイダーを利用する際に把握しておきたい基礎的なことについて簡潔に紹介する。

概要

  • どんなものなのか:複数の異なるクラウドサービスや、専門のPaaS、IaaS、SaaSプロバイダーのサービスを組み合わせて利用する手法のことだ。プライベートクラウドとあわせて、複数のパブリッククラウドコンポーネントを含むハイブリッドクラウドを利用する場合も、マルチクラウドとなる。
  • どのような利点があるのか:マルチクラウドの目的は、選択を可能にすることだ。組織やアプリケーション開発者は、コンポーネントを複数のベンダーから選択できるため、本来の目的に最適なものを選んで使用することができる。
  • どのような企業が採用すべきなのか:一般的には、特定のニーズや依存関係に対処する必要のある組織に適している。
  • どの程度普及しているのか:これはケースバイケースである。組織が成長して、契約中のクラウドサービスプロバイダーの能力を超えてしまったら、別のベンダーのサービスが必要になるかもしれない。
  • どうすればマルチクラウド環境を構築できるのか:相互運用性に関するさまざまな問題が発生しないように、マルチクラウド環境の構築は慎重に計画すべきだ。クラウド管理プラットフォームの使用を推奨する。

どんなものなのか

 マルチクラウドとは、複数の異なるクラウドサービスプロバイダー(AWS、「Google Cloud Platform」「Microsoft Azure」など)のサービスや、専門のPaaS、IaaS、SaaSプロバイダーのサービスを組み合わせて利用する手法のことだ。プライベートクラウド環境とあわせて、複数のパブリッククラウドプラットフォームを活用するハイブリッドクラウド環境を使う場合も、マルチクラウドとなる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3006文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]