勤怠管理・労務管理 リスモン・ビジネス・ポータル株式会社

J-MOTTO Web勤怠:ICカードにも対応の勤怠管理サービス--複数の体系に対応

クラウド型勤怠管理システムの「J-MOTTO Web勤怠」は、複数の勤務体系に対応。従業員ごとに就業条件を設定可能なほか、ICカードでの出退勤打刻、GPS機能を使った位置情報の記録にも対応する。

J-MOTTO Web勤怠のポイント

  • 複数勤務体系に対応し、従業員ごとに就業条件を設定可能
  • ICカードでの出退勤打刻、GPS機能を使った位置情報の記録も可能
  • 残業時間などの閾値を設定、超えた場合に従業員にアラート

J-MOTTO Web勤怠の製品解説

 リスモン・ビジネス・ポータルの「J-MOTTO Web勤怠」は、複数勤務体系の設定や休暇と残業の管理などの機能を搭載するクラウド型勤怠管理システムだ。ソニーネットワークコミュニケーションズの「AKASHI」をベースにしたシステム。サービスを利用するには、グループウェアを中核としたビジネスポータル「J-MOTTO」への入会が必要となる。

編集部おすすめの関連記事

 シンプルな画面構成で打刻、休暇、残業申請などの勤怠を容易に管理できる。PCやタブレット、スマートフォンなどに対応する。ブラウザを使うため、外出先でも利用可能だ。ICカードを登録して打刻することもでき、スマートフォンのGPS機能を用いて位置情報を記録することも可能だ。

 複数の勤務体系に対応しており、従業員ごとに就業に関する条件を設定することが可能だ。曜日ごとの労働日区分や予定出退勤時刻、休憩時間といった週間予定に関する設定や、みなし労働や残業、固定残業時間など実績に対する算出基準も設定できる。同条件の従業員が多い場合には、条件ごとにテンプレートを作成し、個人ごとにカスタマイズすることも可能だ。

 有給休暇の管理や休暇設定にも対応しており、年次有給休暇の自動付与、消滅、残日数を管理できるほか、代休や介護休業、企業独自の休暇設定にも対応する。残業、遅刻、休暇などについては、申請と承認、却下ができる。勤怠実績において、打刻漏れや残業時間の閾値を設定しておき、これを超えた場合に従業員にアラートを自動送信することも可能だ。これらを一括管理することで、管理業務に掛かる時間を短縮する。

J-MOTTO Web勤怠のまとめ
用途と機能複数勤務体系、休暇管理などに対応したクラウド型勤怠管理システム
特徴シンプルな構成の画面で打刻、休暇、残業申請などの勤怠を容易に管理できる。複数の勤務体系に対応しており、従業員ごとに就業に関する条件を設定することが可能。ICカードでの出退勤打刻やGPS機能を用いた位置情報の記録も可能
税別価格10ユーザーまで月額3000円。別途、J-MOTTOへの入会が必要

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. モバイルワークの生産性をグンと上げる!ワークスペース構築の5つのポイント
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan