メールセキュリティ 情報漏えい対策 クリアスウィフト

ARgon for Email:機密データや悪意あるコンテンツを自動で排除するDLPソフト

DLPソフトの「ARgon for Email」は、機密データや悪意あるコンテンツがネットワーク内を通過する際に分析し、自動で排除する。既存のメールセキュリティはそのまま、ネットワークに負担を掛けずに脅威から保護する。

ARgon for Emailのポイント

  • 機密情報を自動的にアスタリスク(*)に置き換えて読み取りを防止
  • ネットワークの流れを止めずにデータのみを排除
  • 既存のセキュリティシステムとの入れ替えが不要

ARgon for Emailの製品解説

 クリアスウィフトの「ARgon for Email」は、機密データや悪意あるコンテンツが埋め込まれたデータが企業のネットワークを通過するのを自動で検知、排除するデータ漏洩防止(DLP)ソフトだ。

編集部おすすめの関連記事

 文書中の機密情報を自動的にアスタリスク(*)に置き換え、読み取りを防止する「アダプティブリダクション」機能を備える。既存のセキュリティシステムとの入れ替えは不要。電子メールと添付ファイルの送信を止めることなくポリシーに違反したコンテンツのみを除去することができる。

 悪意やルール違反を自動検知し、排除する場合はネットワークの流れを止めてブロックするのではなく、データのみを対象とするため、不要な情報の遅延は起こらない。誤検出やシステムへの負荷増大といったトラブルが起こる確率は最小限となる。また、マイナンバーを検出する機能も搭載しているため、コンプライアンスに対応するケースでも有効だ。

ARgon for Emailのまとめ
用途と機能機密情報を自動除去するDLPソフト
特徴機密データや悪意あるコンテンツが埋め込まれたデータが企業のネットワークを通過するのを自動で検知、排除する。既存のセキュリティシステムとの入れ替えは不要。マイナンバーを検出する機能も搭載する

「メールセキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ホワイトペーパーランキング

  1. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  2. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  3. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  4. クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット
  5. サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]