Facebook

Facebookがシリコンバレーに住宅を建設--テクノロジ業界の採用活動への影響は?

Facebookが、カリフォルニア州メンロパークに住宅を建設する予定であることを明らかにした。一般市民も入居可能で、同時にオフィスも拡張し小売店舗も設ける。

  ソーシャルメディア大手のFacebookが米国時間7月7日に発表したところによると、同社はカリフォルニア州メンロパークに1500軒の住宅を建設するという。これは、シリコンバレー住人の住宅への負担を軽減しようという同社の取り組みの一環だ。建設予定の住宅のうち15%は市場価格より安価に提供する予定で、Facebookでは小売店舗エリアも別途設けるという。

 住宅は、Facebookが新たに命名したWillow Campusの拡張に伴って建設される。Willow Campusは以前、Menlo Science & Technology Parkとして知られていたものだ。プレスリリースによると、Facebookは同キャンパスのオフィス面積を拡大するほか、コミュニティーサービスや小売りスペースのある近隣センターも用意するという。

 広さ12万5000平方フィート(約1万1600平方メートル)にも及ぶ小売りスペースはコミュニティーに向けたもので、食料品店や薬局などが入る予定だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約823文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan