開発 開発ツール

「Docker」イメージを作成して「Docker Hub」にアップロード

ここでは、新しい「Docker」イメージを作成して「Docker Hub」にアップロードする作業を全てコマンドラインから実行する手順を解説する。

 「Docker」コンテナの領域に既に足を踏み入れた人なら、おそらく独自のイメージの作成を既に経験済みのはずだ。そして、それらのイメージを「Docker Hub」にアップロードして、ほかのユーザーも利用できるようにしたいと考えているのではないだろうか。そういう人に朗報がある。筆者は今回、まさにそのプロセスの手順を紹介する。本記事では、新しいDockerイメージを作成してDocker Hubにアップロードする作業を全てコマンドラインから実行する。

 このプロセスはそれほど難しくないが、Dockerコマンドを使い慣れている必要がある。本記事では、「Ubuntu 16.04 Server」上で作業を進めるが、以下の手順は、DockerがインストールされたあらゆるLinuxディストリビューションで有効だ。読者は既にDockerをインストール済みで、Docker Hubのアカウントを取得しているものとして説明を進める。

 それでは、具体的な手順を見ていこう。

新しいイメージを作成

 複雑さを排除するため、ここでは、最新の「Ubuntu」イメージを基に、LAMPサーバを含む新しいイメージを作成する。そうしたイメージは既にいくつも存在するが、これは簡単に模倣できる例としての役割を果たすはずだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1788文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]