セキュリティ

習慣2:ウイルス対策ソフトを有効にしましょう

ウイルス感染を未然に防ぐためには、ソフトウェアアップデートによる脆弱性対策とあわせ、ウイルス対策ソフトの利用が欠かせません。「リアルタイム検知」などの機能により、ウイルス感染を未然に防ぐ効果が期待できます。

脆弱性対策とあわせて行う基本的なセキュリティ対策

 ウイルス感染を未然に防ぐため、前回「習慣1:ソフトウェアアップデートで最新の状態にしましょう」で紹介した脆弱性対策とあわせ、ウイルス対策ソフトを利用しましょう。ウイルス対策ソフトに備わる「リアルタイム検知」により、ウイルス感染を未然に防ぐ効果が期待できます。

 最新のOSには、ウイルス対策機能が標準で備わったものがありますが、最近のウイルス対策ソフトは、ウイルスの検出や削除だけでなく、危険なウェブサイトのブロックや迷惑メールの遮断など、インターネットを安全に使うための機能を備えたセキュリティソフトに進化しています。

 ですから、次のポイントを踏まえ、継続的に対策を行うようにしましょう。

●登場人物紹介

茂礼手課長と布施木君

茂礼手 太郎(もれて たろう)
茂礼手課長と呼ばれている。何かとやらかしては、布施木君に注意される。

布施木 ます子(ふせぎ ますこ)
布施木君と呼ばれている。なんだかんだと茂礼手課長をサポート。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1050文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]