SCSK

ConTrack:システム開発の成果物を追跡管理--関連性を可視化して影響範囲を把握

「ConTrack」は、システム開発での要件定義書やテスト仕様書などの成果物を追跡管理する。成果物同士の関連性を可視化して全体の影響範囲を把握する。オフィスソフトやPDFのままで文書を解析する。

ConTrackのポイント

  • 要件定義書やテスト仕様書などの成果物を追跡管理して開発工程を可視化
  • 成果物同士の関連性を可視化して全体の影響範囲を把握
  • フォーマット変換などが不要で、さまざまなファイル形式の文書解析に対応

ConTrackの製品解説

 SCSKの「ConTrack」は、要件定義書、設計書、ソースコード、テスト仕様書といった成果物間を追跡管理するアプリケーションライフサイクル管理(ALM)ソフトウェアだ。開発プロセス全体を可視化し、システム開発の品質向上と効率化をサポートする。

編集部おすすめの関連記事

 要件定義書などの上位成果物から詳細設計書、ソースコード、テスト仕様書などの下位成果物までの関連性を定義して追跡管理する。成果物の世代や変更修正履歴を文書やモジュール、機能全体などさまざまな粒度で管理する。

 成果物間の関連性確認はラインビューとマトリクスビューの2つを用意し、一目でシステム全体の影響範囲を把握可能。トレース設定も3パターン提供し、成果物はドラック&ドロップするだけで要素レベルまで登録できる。

 文書解析は、Word、Excel、PowerPoint、テキスト、PDFなどの形式に対応し、ツール独自のフォーマットなどへの変換は不要。システム経由でWord、Excelなどの外部ファイルを開き、そのまま編集できるファイルジャンプ機能も搭載している。

ConTrackのまとめ
用途と機能システム開発に関わる成果物間のトレーサビリティを管理するALMソフト
特徴開発プロセス全体を可視化し、システム開発の品質向上と効率化を支援する。開発現場での使いやすさを重視し、プロジェクトの品質向上をサポートする機能や直観的で使いやすい操作画面を搭載。文書解析は幅広いファイル形式に対応し、ツール独自のフォーマットなどへの変換は不要
税別価格1人利用の1ライセンスあたり100万円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]