文書管理

TanQlo:ファイルサーバなどに散在するマニュアルを参照できる検索基盤

「TanQlo」は、ファイルサーバやウェブシステムなどに格納されたマニュアルなどの業務コンテンツをフォルダの仮想再編成やタグの付加などで検索しやすくする。マニュアルの利用状況を把握することも可能だ。

TanQloのポイント

  • フォルダの仮想再編成やタグの付加によりマニュアル内を検索
  • 利用分析機能でマニュアルの利用状況を把握
  • CPUコア数や利用者数、コンテンツ量などの制限がない定額制

TanQloの製品解説

 アセロラテクノロジの「TanQlo」は、企業内にあるファイルサーバやウェブシステムなどに格納されたマニュアルなどの業務コンテンツを任意のキーワードやコンテンツに付けられたタグから横断的に検索することが可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 「マニュアルナビ」機能を搭載し、業務マニュアルのような膨大な冊数、ページ数のコンテンツの中から情報を絞り込み、さらに目的のページを探し出せる。

 ファイルサーバなどによる情報共有では、利用方法の変化などによってフォルダ名と内容が一致しなくなったり、部署ごとに階層やフォルダの構成が異なったりする場合があるが、マニュアルナビではフォルダやデータベースを仮想的に再編成し、利用する観点から同種のものを統一されたタグでまとめることで、ファイルの特定を容易にしている。

 マニュアルを関連の動画や写真とひも付けするなど、コンテンツ単位でタグ付けができるため、画像やバイナリデータを含めた複合型のコンテンツとして活用可能になる。また、目的に応じたタグ情報を、ページ単位でハッシュタグとして挿入することで、目的のページをダイレクトに絞り込める。このタグは、ページ内コンテンツから自動で抽出して設定することも可能だ。

 利用分析機能も備えており、どのマニュアルが使われているか、その中のどのページが読まれているか、利用者がどのキーワードで情報を検索しているか、といった利用状況を把握できる。これにより、例えば、検索結果がゼロ件だったキーワードに関連するコンテンツを追加するなど、利用者のニーズに応じてマニュアルを改善していくことができる。

 利用者数や検索対象のコンテンツ量、サーバ数、CPUコア数などの制限がなく、1業務あたり月額30万円という定額制となっており、予算の増加の心配なく導入できる。

TanQloのまとめ
用途と機能ファイルサーバやウェブシステムなどに格納されたマニュアルなどを任意のキーワードやコンテンツに付けられたタグから横断的に検索しやすくする
特徴フォルダやデータベースを仮想的に再編成し、利用する観点から同種のものを統一されたタグでまとめることでファイルの特定を容易にする。マニュアルの利用状況を把握するための機能も備える
税別価格1業務あたり月額30万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan