メールセキュリティ

メールプロテクト:ランサムウェアの被害も防げるメール誤送信対策システム

メール誤送信対策システムの「メールプロテクト」は、専用サーバやメーラーの設定変更などが不要で、既存システムを利用できる。メール送信後に受信者がパスワードを要求する仕組みとなっている。

メールプロテクトのポイント

  • 専用サーバやメーラーの設定変更などが不要で既存システムが使える
  • セキュリティフォルダでランサムウェアなどの被害を防ぐ
  • メール送信後に受信者がパスワードを要求する仕組み

メールプロテクトの製品解説

 オリエントコンピュータの「メールプロテクト」は、既存のメールシステムをそのまま使用できるメール誤送信対策システムだ。専用サーバの設置やメールソフトの設定変更などが不要なため、スムーズな導入が可能となっている。

編集部おすすめの関連記事

 暗号化した添付ファイルをzip形式で圧縮し、容量を抑えつつ安全に送信する。認証のないユーザーはアクセスできない構造の「セキュリティフォルダ」を生成する機能を備え、ランサムウェアなどの侵入を防ぐことができる。セキュリティフォルダに重要データを保存しておけば自動で暗号化され、メール送信時もこのフォルダから直接に添付送信することでウイルス感染を防ぎながら安全に利用できる。

 また、パスワード認証については、送信時の確認に加えて受信者がパスワードを要求する仕組みとなっている。送信者側が認証作業を実行すると受信者にパスワードが発行されるため安全にファイルを受け渡せる。

 グループ登録した相手とは承認処理をせずに相互で復号可能。同社の管理システムソフト「ULMS」シリーズを導入すれば、グループ内でさらにマルチプライベートグループを作成し、社内の部署間でファイルの閲覧権限をコントロールできる。権限を設定しておけば、社外内の部外者に重要なファイルを誤送信しても、復号できないためセキュリティを確保できる。

メールプロテクトのまとめ
用途と機能既存のメールシステム使用できるメール誤送信対策システム
特徴専用サーバの設置やメールソフトの設定変更などが不要。暗号化した添付ファイルをzip形式で圧縮し、容量を抑えつつ安全に送信する。セキュリティフォルダでランサムウェアなどの被害を防ぐ。メール送信後に受信者がパスワードを要求する仕組みとなっている

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan