メールセキュリティ デジタルアーツ

m-FILTER:情報漏えい防止やアーカイブ、スパム対策を組み合わせて活用

メールセキュリティソフト「m-FILTER」は、情報漏えい防止やアーカイブ、スパム対策の3製品を組み合わせられる。Office 365やGmailとの連携が可能。

m-FILTERのポイント

  • 誤送信を防止、HTMLメールを無害化
  • 証拠性を維持したままメールを全文保存
  • 情報漏えい防止、アーカイブ、スパム対策を組み合わせて使用

m-FILTERの製品解説

 デジタルアーツの「m-FILTER」には、メールの誤送信対策や標的型メール対策などにより、情報漏えいを防ぐメールフィルタの「m-FILTER MailFilter」、送受信メールを全文保存するメールアーカイブの「m-FILTER Archive」、迷惑メール(スパム)対策の「m-FILTER Anti-Spam」の3製品がある。

編集部おすすめの関連記事

 環境に応じて必要なものを選択し、組み合わせて使用できる。Office 365やGmail環境とのセキュアな連携が可能で、標準機能では不十分なセキュリティが提供されるため、クラウド上でも安全にメールを運用できる。

 MailFilterは、誤送信対策とメール無害化で情報漏えいを防止する。誤送信対策には、社外へのメールだけを一定時間保留にする社内外時間差配送機能やルールに該当したメールの添付ファイルを自動的にパスワード付きファイルへ変換する機能がある。

 標的型メールに対しては、設定した条件に該当するメールの添付ファイルのみの自動削除やHTMLメールのテキスト化など、複数のメール無害化機能で対応する。

 Archiveは、改竄検知機能で証拠性を維持したままメールを全文保存できる。本文や添付ファイルも含めた全文検索をはじめ、指定した条件での検索や該当した複数メールの一括ダウンロードなどの機能を備えており、迅速にメールを検索できる。

 Anti-Spamは、Cloudmarkのスパム判定エンジンを採用。スパム判定の個人管理機能を搭載しており、保留メールの送信元アドレスを受信者自ら判定除外リストに追加できるなど、柔軟な運用が可能だ。

 3製品は必要に応じて組み合わせて使用できるが、全製品を一括して管理できる画面も用意される。主管理者、グループ管理者、利用者のどの権限でも全製品を統合的に管理できる。

 また、添付ファイル内の文字条件により送受信制御やメール自動監査システム「KIBIT Email Auditor for m-FILTER」との連携、ファイル転送サービスとの連携などの機能がオプションで用意されていて、より高いセキュリティレベルでメールを運用できる。

m-FILTERのまとめ
用途と機能情報漏えい対策、アーカイブ、スパム対策の3製品を組み合わせて使用できるメールセキュリティソフト
特徴誤送信対策、標的型メールによる情報漏えい防止、メールアーカイブ、柔軟に運用できるスパム対策の3製品を組み合わせて使用可能。3製品を統合管理できる管理画面も用意される
税別価格 MailFilter(30ライセンス):40万4000円(保守価格6万1000円)
Archive(30ライセンス):37万1000円(保守価格5万6000円)
Anti-Spam(30ライセンス):20万4000円(保守価格5万1000円)
フルセット(30ライセンス):73万4250円(保守価格12万5000円)

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  4. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること
  5. 調査結果--相次ぐ脅威に「セキュリティ疲れ」?企業担当者が答えたセキュリティの実情

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan