PC

「Chromebook」使い方まとめ(1)--Androidアプリ導入とスワップ領域の設定

「Chromebook」は、グーグルの「Chrome OS」を搭載するノートPCだ。ここでは、「Android」アプリのインストールとスワップ領域の設定をまとめて解説する。

 「Chromebook」は、Googleの「Chrome OS」を搭載するノートPCだ。非常に手ごろな価格設定で、同社のクラウドサービス「G Suite」を中心に構築されており、企業や教育機関で急速に採用が進んでいる。

 ここでは、Chromebookの入門記事を使って概要を紹介するととともに、同ノートPCをより生産性の高い端末に変身させる「Android」アプリのインストール方法、そして、端末使用時に「メモリ不足」エラーが頻繁に発生する場合に役立つと思われるスワップ領域の設定方法を解説する。

「続きを読む」からPDFファイルをダウンロードできます。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. モバイルワークの生産性をグンと上げる!ワークスペース構築の5つのポイント
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan