ERP

multibook:英タイ韓ベトナムに対応の中小規模の海外拠点向けクラウドERP

クラウド型ERPの「multibook」は中小規模の海外拠点向け。日、英、タイ、韓国、ベトナムの各言語と通貨に対応している。各国会計基準での調整仕訳入力、財務諸表出力が可能となっている。

multibookのポイント

  • 中小規模の海外拠点向けクラウド型ERPソフト
  • 日、英、タイ、韓国、ベトナムの各言語と通貨に対応
  • グループ各社財務諸表を一覧表示、伝票明細もドリルダウン

multibookの製品解説

 マルチブックの「multibook」は、中小規模の海外拠点向けクラウド型統合基幹業務システム(ERP)ソフトだ。さまざまな業務システム機能でグローバル経営管理をサポートする。

編集部おすすめの関連記事

 日、英、タイ、韓国、ベトナムの各言語での画面表示、各国の通貨での計上、各国会計基準での調整仕訳入力、財務諸表出力が可能。インターネット環境さえあればどこでも利用でき、リーズナブルに海外拠点の内部統制を強化できる。

 会計機能として総勘定元帳管理に加えて債権と債務の補助元帳管理を利用できる。ロジスティクス機能として購買発注、在庫管理、請求機能を標準搭載している。

 グループ各社財務諸表の一覧表示、伝票明細へのドリルダウン機能も備えており、各国の法律、商習慣に対応した標準機能やレポートフォームも用意している。勘定奉行シリーズとの標準インターフェース機能で本社へ伝票レベルのデータを送信できる。

 請求書、領収書などをスキャンすると自動的に仮伝票を発行し、参照しながら伝票の入力と承認が可能。ユーザの権限設定でグループ企業のデータを入力でき、銀行のキャッシュ管理システムとの連携も計画している。

 経理パートナーサービスやスキャンデータ代行入力サービス、為替レート自動更新サービスといった各種オプショナルも準備し、データバックアップや不正アクセスなどのセキュリティ対策を構築。購買在庫管理、販売管理への機能拡張や無料サポート、他社ERPへの移行サービスなどのバージョンアップを順次実施していく。

multibookのまとめ
用途と機能中小規模の海外拠点向けクラウド型ERPソフト
特徴日、英、タイ、韓国、ベトナムの各言語での画面表示、各国の通貨に対応。各国会計基準での調整仕訳入力、財務諸表出力に対応している
税別価格月額利用料は3万円から(ユーザー数、伝票数に応じる)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 海外進出成功のポイントは「失敗事例」から学ぶことにあり
  5. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan