ロードバランサ A10ネットワークス株式会社

Harmony Controller:ハイブリッド環境のADCなどのマルチサービスを一元管理

「Harmony Controller」は、オンプレミスとマルチクラウド環境でADCやセキュリティ、分析機能などを含むマルチサービスを一元管理する。マイクロサービスとコンテナ技術で構成される。

Harmony Controllerのポイント

  • オンプレミスとマルチクラウド環境でマルチサービスを一元管理
  • 各環境のADCからの情報を統合し、アプリ単位の状況を分析
  • ユーザーエクスペリエンスの改善を効率化

Harmony Controllerの製品解説

 A10ネットワークスの「Harmony Controller」は、オンプレミスとマルチクラウド環境でアプリケーション配信制御(ADC)やセキュリティ、分析機能などを含むマルチサービスを一元管理する。

編集部おすすめの関連記事

 マイクロサービスとコンテナ技術で構成された同ソリューションは、マルチテナントに対応した拡張性の高いコントロールアーキテクチャを搭載。個々のアプリケーション単位でリアルタイムにサービス状況を分析でき、データセンター内のハードウェア、パブリックやプライベート、ハイブリットのクラウド環境でセキュリティとアプリケーションサービスを集中管理する。従来のデータセンターとクラウド環境をひとつのコントローラから設定、管理する。

 Harmony Controllerは、同時に提供されるクラウド特化型の「Lightning ADC」、ハードウェアとソフトウェアで提供している従来の「Thunder ADC」シリーズ、オープンソースのロードバランサ「HAProxy」と連携し、オンプレミスからマルチクラウド環境全体でアプリケーション配信とセキュリティの設定とポリシー、可視化を一元管理できる。

 各環境のADCからの情報を統合し、アプリケーション単位のレスポンスタイムなどサービス提供状況を分析することも可能。これによりサービス事業者は、エンドユーザーエクスペリエンスの改善を効率化できるようになる。クラウドを活用したインフラの最適化、キャパシティプランニングの改善、障害対応までの時間短縮といったメリットも得られるという。

 提供形態としては、迅速に導入できる費用対効果の高いSaaSモデルと、スケーラブルなソフトウェアとして利用できるセルフマネージドモデルの2つが用意されている。

Harmony Controllerのまとめ
用途と機能オンプレミスとマルチクラウド環境でマルチサービスを一元管理
特徴従来のデータセンターとクラウド環境をひとつのコントローラから設定管理するほか、アプリケーション単位のサービス提供状況分析も可能
税別料金オープン

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]