クライアントセキュリティ サーバーセキュリティ PS Japan

Adaptive Defense 360:脅威の検出対応機能も搭載するエンドポイント保護

「Adaptive Defense 360」は従来のエンドポイント保護(EPP)にエンドポイント検出対応(EDR)の機能も搭載する。リアルタイム監視やプロファイルベースの保護、集中型デバイス制御などを利用できる。

Adaptive Defense 360のポイント

  • エンドポイントの保護と検出対応の機能を統合
  • ゼロデイ攻撃やランサムウェアなど未知の脅威にも対応
  • リアルタイム監視やプロファイルベースの保護、集中型デバイス制御なども搭載

Adaptive Defense 360の製品解説

 PS Japanの「Adaptive Defense 360」は、これまで同社が提供していたエンドポイント保護(Endpoint Protection Platforms:EPP)製品「Endpoint Protection Plus」にエンドポイント検出対応(Endpoint Detection and Response:EDR)の機能を統合したソリューションだ。

編集部おすすめの関連記事

 従来主流となっていたシグネチャベースのマルウェア対策では、近年高度かつ複雑化しているゼロデイ攻撃やランサムウェアなどの脅威に対応することが難しくなっている。そこで、これらの脅威に有効なEDRを組み合わせることで、Endpoint Protection Plusが備える“予防”の機能を確保しつつ、未知の脅威にも迅速に対応する。

 具体的には、クラウド上にセキュリティ対策のビッグデータを蓄積し、人工知能を駆使して分析することで未知の脅威を検出する。EPPとEDRの機能を統合しているため、リアルタイムモニタリングとレポート、プロファイルベースの保護、集中型デバイス制御、ウェブモニタリングとフィルタリングなどの機能を包含。クラウドをベースとしたマネージドサービスで運用の負荷を最小化している。

 日本国内ではPS Japanのパートナー経由で販売され、価格は1ユーザーあたり年額8900円。数量に応じた割引も適用されるという。

Adaptive Defense 360のまとめ
用途と機能EPPとEDRの機能を統合したエンドポイントセキュリティ製品
特徴従来製品が備えるエンドポイント保護の機能を確保しつつ、ゼロデイ攻撃やランサムウェアなど未知の脅威にも対応
税別料金1ユーザーあたり年額8900円(数量に応じた割引適用もあり)

「クライアントセキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]