セキュリティ

ランサムウェアから身を守る--「Petya」「WannaCry」後のリスク管理に役立つ6項目

ランサムウェア攻撃は、今後も全世界の企業に大損害を与え続ける。こうしたサイバー犯罪の阻止と被害緩和につながるようプライスウォーターハウスクーパース(PwC)が推奨する6つの手順を紹介しよう。

 2017年6月最終週、少なくとも64カ国の企業が「Petya」として知られるサイバー攻撃の被害に遭った。Petyaはハードディスクを暗号化し、その犠牲者は2000人以上となった。さらに状況を深刻にしたのは、5月に全世界で30万台以上の感染PCを出したランサムウェア「WannaCry」と同じセキュリティ上の問題が悪用されたという事実だ。修正パッチをPCに適用してさえいれば、Petyaによる被害は避けられていただろう。

 PricewaterhouseCoopers(PwC)でグローバル金融犯罪および米サイバーセキュリティ&プライバシー担当リーダーを務めるSean Joyce氏は、先ごろLinkedInへ投稿したブログ記事のなかで、「サイバーリスクの上昇が止まらないことから、企業のリーダーたちが予想できるのは、この新しいリスクを管理するための説明責任を民間企業に対して求める声が強まる、ということだ」と述べた。

 その一例としてJoyce氏は、米保健社会福祉省(HHS)が2016年に発行した、ランサムウェア攻撃の報告を病院に要求するガイドラインを挙げた。「ただし結局のところ、組織内でサイバーセキュリティを大幅に改善する(そして、その結果として市場で競争力を獲得する)ことは、コンプライアンスやチェックリストといった考えの問題ではない。それよりも、企業全体で戦略的なリスク管理をすることである」(同氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1147文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]