文書管理

PDFelement:オフィスと同様に使えるPDF編集ソフト--ファイルごとの操作を制限

PDF編集ソフトの「PDFelement」は、オフィスソフトと同様の操作感でファイルを編集、変換する。ファイルごとに閲覧、編集、印刷などの操作を制限できる。

PDFelementのポイント

  • オフィスソフトと同様の操作感でPDFファイルを編集、変換
  • 付箋や下線などの注釈に加えて、矢印や楕円なども追加
  • ファイルごとに閲覧、編集、印刷などの操作を制限

PDFelementの製品解説

 ワンダーシェアーソフトウェアの「PDFelement」は、PDFファイルの編集や変換、セキュリティ保護などに対応したPDF編集ソフトだ。オフィスツールのような操作性や使い勝手を特徴としている。スタンダード版とプロ版の2種類が用意されている。

編集部おすすめの関連記事

 PDF内のテキストやオブジェクトを編集、追加、削除できる。文字のサイズ、フォント、色、斜体、上付き、下付きの設定も可能だ。テキストの検索、置換機能を備えており、指定したテキストの位置確認や一括変換にも対応する。

 PDFを整形する際はガイドラインが表示され、オブジェクトをドラッグ&ドロップしながらページ内で整列させることができる。2種類の編集モードが用意されており、テキスト単位で編集する場合はラインモード、段落単位で編集する場合は段落モード、というように、目的に応じて使い分けられる。プロ版には光学文字読み取り(OCR)機能が搭載されており、PDF内の任意のテキストを読み取ることが可能だ。

 付箋やテキストハイライト、アンダーライン、取り消し線といった基本的な注釈機能を備えるほか、注釈の表示と非表示を一括で切り替えられる。エリアハイライトや波線、キャレット(挿入記号)なども利用でき、さらに線や矢印、長方形、楕円、雲、消しゴムなどの絵図マークを追加することも可能だ。また、承認済、公開不可といったスタンプ画像を作ってPDFに利用することもできる。

 WordやExcelといったOffice形式をはじめ、テキストやhtml、epubなど、さまざまな形式のファイルに変換することが可能だ。全てのページを個別画像や単一画像として抽出したり、各ファイルを単一のExcelシートやワークシートとして保存する機能も備えている。

 セキュリティ保護については、パスワードの設定や管理機能、電子署名の作成、承認機能を備える。ファイルを開く際にパスワードを要求するだけでなく、閲覧、編集、印刷、コピーなどの操作ごとに制限を掛けることも可能だ。プロ版は墨消し機能も備えており、テキストを検索して一括で墨消し処理することも可能だ。

 対応OSは、Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP、Mac OS X 10.12/10.11/10.10となっている。iOS向けアプリも提供する。

PDFelementのまとめ
用途と機能編集や変換、セキュリティ保護などに対応したPDF編集ソフト
特徴オフィスツールのような操作性や使い勝手が特徴。PDF内のテキストやオブジェクトを編集、追加、削除できる。注釈機能も備え、挿入記号や絵図マーク、スタンプ画像なども追加可能。パスワードや電子署名といったセキュリティ保護にも対応
税込価格永久ライセンス:スタンダードが1台あたり5980円、プロが9980円
複数ライセンス:スタンダード版が5台あたり2万4500円、プロ版が4万4500円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan