プライベートクラウド システムエグゼ

サーバーコーチくん:VMwareを用いたプライベートクラウドの構築運用サービス

「サーバーコーチくん」は、VMwareベースのプライベートクラウドを構築運用する。P2VやV2Vの移行に対応する。ウェブ/アプリケーション、データベースの構築を最小限の設定で実行する。

サーバーコーチくんのポイント

  • VMwareベースのプライベートクラウドを構築運用、GUIで操作可能
  • P2VやV2Vの移行に対応、ウェブやデータベースの構築を最小限に
  • 稼働中のサーバから情報を取得して最新の設計書を作成

サーバーコーチくんの製品解説

 システムエグゼの「サーバーコーチくん」は、VMwareの仮想化基盤を用いたプライベートクラウド構築運用サービスだ。GUIによる操作が可能で、専門知識がなくても取り扱うことができる。

編集部おすすめの関連記事

 物理サーバから仮想サーバ(P2V)、仮想サーバから仮想サーバ(V2V)のシステム移行や、ウェブ/アプリケーション、データベースの構築を最小限の設定のみで実行できる。対応するウェブ/アプリケーションは「Apache HTTP Server」「Apache Tomcat」、データベースは「Microsoft SQL Server」「Oracle Database」「MySQL」「PostgreSQL」となっている。

 稼働中のサーバから常に最新情報を取得し、最新の設計書を作成するドキュメント維持管理機能、サーバ管理者にしかできなかった操作の一部をサーバやシステム単位で外部ベンダーや業務部門に開放するサーバ操作機能を搭載。サーバ管理者の負荷を軽減する。

サーバーコーチくんのまとめ
用途と機能VMwareの仮想化基盤を用いたプライベートクラウド構築運用サービス
特徴GUIによる操作が可能で、専門知識がなくても取り扱える。P2VやV2Vのシステム移行、ウェブサーバ、データベースの構築を最小限の設定のみで実行可能。設計書の自動作成、サーバ操作機能なども備える
税別価格管理対象サーバが10台以下のライトエディションが月額25万円から

「プライベートクラウド」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]