BI 全日本空輸

ANA、売上高などのKPIをリアルタイムに把握--Excelでのレポートを廃止

全日本空輸(ANA)は、クラウド型BIツール「Domo」を採用した。ウェブサイト来訪者数や航空券予約、売り上げといったKPIにかかるデータをリアルタイムに把握できるようになった。

 全日本空輸(ANA)は、マーケティングでの投資対効果(ROI)の最大化を図るため、クラウド型ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Domo」を採用した。ドーモが7月6日に発表した。トランスコスモスが採用を支援した。

 ANAはこれまで、月次と週次単位でマーケティング活動のデータを手作業で抽出し、レポートを作成していた。Domoの採用でウェブサイトでの顧客体験の最適化や航空券販売拡大に向け、ウェブサイト来訪者数や航空券予約、売り上げといった評価指標(KPI)にかかるデータをリアルタイムに把握できるようになった。

 ウェブサイトのトラフィックをはじめとするマーケティングKPIをリアルタイムで視覚化できるようになったため、ANAは従来のExcelでのレポートを廃止した。同社は、データの把握と判断、必要なアクションまでの時間を大幅に短縮できるとしている。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan