BI 全日本空輸

ANA、売上高などのKPIをリアルタイムに把握--Excelでのレポートを廃止

全日本空輸(ANA)は、クラウド型BIツール「Domo」を採用した。ウェブサイト来訪者数や航空券予約、売り上げといったKPIにかかるデータをリアルタイムに把握できるようになった。

 全日本空輸(ANA)は、マーケティングでの投資対効果(ROI)の最大化を図るため、クラウド型ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Domo」を採用した。ドーモが7月6日に発表した。トランスコスモスが採用を支援した。

 ANAはこれまで、月次と週次単位でマーケティング活動のデータを手作業で抽出し、レポートを作成していた。Domoの採用でウェブサイトでの顧客体験の最適化や航空券販売拡大に向け、ウェブサイト来訪者数や航空券予約、売り上げといった評価指標(KPI)にかかるデータをリアルタイムに把握できるようになった。

 ウェブサイトのトラフィックをはじめとするマーケティングKPIをリアルタイムで視覚化できるようになったため、ANAは従来のExcelでのレポートを廃止した。同社は、データの把握と判断、必要なアクションまでの時間を大幅に短縮できるとしている。

ログインして続きを読んでください。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]