BI 全日本空輸

ANA、売上高などのKPIをリアルタイムに把握--Excelでのレポートを廃止

全日本空輸(ANA)は、クラウド型BIツール「Domo」を採用した。ウェブサイト来訪者数や航空券予約、売り上げといったKPIにかかるデータをリアルタイムに把握できるようになった。

 全日本空輸(ANA)は、マーケティングでの投資対効果(ROI)の最大化を図るため、クラウド型ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Domo」を採用した。ドーモが7月6日に発表した。トランスコスモスが採用を支援した。

 ANAはこれまで、月次と週次単位でマーケティング活動のデータを手作業で抽出し、レポートを作成していた。Domoの採用でウェブサイトでの顧客体験の最適化や航空券販売拡大に向け、ウェブサイト来訪者数や航空券予約、売り上げといった評価指標(KPI)にかかるデータをリアルタイムに把握できるようになった。

 ウェブサイトのトラフィックをはじめとするマーケティングKPIをリアルタイムで視覚化できるようになったため、ANAは従来のExcelでのレポートを廃止した。同社は、データの把握と判断、必要なアクションまでの時間を大幅に短縮できるとしている。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]