OS

「Windows 10」をもっと使いやすく--設定変更のヒント10選

「Windows 10」の設定は、さまざまな画面やメニューの奥深くに隠れていて見つけづらいものもある。このヒント集を参考に、必要な設定項目にアクセスし、Windows 10を自分が使いやすいように設定してほしい。

 Microsoftの「Windows 10」のデフォルト設定は、大半の状況に十分に対応できる内容だが、多くのユーザーが変更できる設定や、変更すべき設定は必ずあるものだ。Windows 10の設定にも、旧バージョンのすべてのWindowsと同じく、いくつもの画面、コントロールパネル、メニューを進んだ先の奥深いところに隠されていて、見つけるのが難しいものもある。

 さまざまな設定、機能、アプリケーションのオプションが入り乱れるこの迷宮を、何の案内もなしに進んでいくのは、非常にいら立たしいことだろう。今回紹介するWindows 10のヒント10選を参考にすれば、自分のインストール環境を理解して、同OSを望みどおりに、そして本来あるべき姿で使えるようになるはずだ。

1. ドライブの使用状況を確認する

 ハードドライブストレージは以前ほど容量が限られているわけではないが、ドライブの空き容量や、多くの容量を使用しているファイルは把握しておいた方がいい。Windows 10では、適切な設定項目まで進めば、その情報を確認できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4283文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  4. IoTをビジネス活用するための技術、事例、価値を徹底解説
  5. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan