グループウェア CMS パイプドビッツ

SPIRAL PLACE:グループウェアとCMSが融合した情報基盤--SNS連携も可能

クラウドサービスの「SPIRAL PLACE」は、グループウェアとCMSの機能を備え、SNSとの連携にも対応する。スケジュール、掲示板、ファイル管理、ウェブページ作成などの機能を備えている。

SPIRAL PLACEのポイント

  • グループウェアとCMSの機能を備え、SNSとの連携にも対応
  • スケジュール、掲示板、ファイル管理、ウェブページ作成などの機能を搭載
  • 簡易アンケート、独自ドメイン、閲覧制限、RSSなどの機能も提供

SPIRAL PLACEの製品解説

 パイプドビッツの「SPIRAL PLACE」は、グループウェアとコンテンツ管理システム(CMS)の機能を兼ね備え、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)との連携も可能なクラウドサービスだ。スケジュール、掲示板、ファイル管理、ウェブページ作成など、ビジネスに必要な機能をそろえている。

編集部おすすめの関連記事

 トップページのダッシュボードに組織固定やスタッフ任意のウィジェットを設置し、個人のToDo管理としてタスクを作成、管理できる。他のメンバーへのタスクの割り振りや遠隔地にいるメンバーとの共有で、小規模なプロジェクト管理にも対応する。Googleカレンダーと連携すれば仕事とプライベートを整理してスケジュールを管理できる。

 他者宛の電話メモの作成、自分宛の電話メモを一元管理できる。電話メモが登録されると指定のメールアドレスへ通知メールが届き、外出先でもスマートフォンから確認することができる。

 CMSでは、ウェブサイトを作成するとPCとスマートフォン向けのページを自動生成する。Facebookのアカウント情報をもとに会員登録する認証機能、サイト内の検索機能も利用できる。

 このほか、簡易アンケート、独自ドメイン、ウェブサイト閲覧制限、RSSアグリケーションなどの機能も提供。APIも公開しており、社内の従業員管理システムと連携できる。

SPIRAL PLACEのまとめ
用途と機能グループウェアとCMS、SNS連携に対応したクラウドサービス
特徴スケジュール、掲示板、ファイル管理、ウェブページ作成などビジネスに必要なグループウェアとCMSの機能を搭載し、SNSとの連携も可能。コミュニケーションを一元管理でき、情報共有や情報発信ができる

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]